cart

マグネットイヤリング・エアイヤリングなどオリジナルアクセサリー通販セレクトショップ | Raffia kobe



2019冬ファッション別 コスチューム ジュエリースタイル帳(前編)/staff nori’s blog

CATEGORY :  BLOG , NEWS , Raffia Staff Blog
STAFF :  raffia

2019冬ファッション別 コスチューム ジュエリースタイル帳(前編)/staff nori’s blog



こんにちは!

Staff noriです。

今日は冬のファッションとコスチュームジュエリーについて少し書いてみます…✏️

 

そもそもコスチュームジュエリーって?

コスチュームジュエリーとは高価な宝石や金・プラチナなどの貴金属を使わずに、ガラスやプラスチックなどの人造宝石と、合金などから作られた「イミテーション」のジュエリー・アクセサリーの総称。

 

舞台や映画で衣装コスチューム用に着けられたジュエリーを起源とする説もあります。

 

素材や色、デザインの決まりがなく、大胆・自由な発想で作られていて、素材の価値よりも、デザインと装飾性を楽しむジュエリーアクセサリーです。

 

 

 

コスチュームジュエリーを流行らせたのが、デザイナー ココ・シャネル

”ファインジュエリー(宝石や貴金属で作られたジュエリー)は財産的な意味を持ってしまうが、おしゃれのための美を求めるなら、石や金属の価値ではなく、そのデザイン性にこそ価値がある。”

 

ココ・シャネルによって1920年代よりヨーロッパからコスチュームジュエリーは広まり、アメリカ、ハリウッドへ。

 

オードリーヘップバーンや多くの映画女優たちが身につけたコスチュームジュエリーは、みるみるうちに広がりをみせ、上流階級までも浸透していきました。

 

1959年代には、「王位を捨てた恋」で有名な王族のウインザー候が、婦人にハグラ―のバングルをプレゼントしたことにより、階級問わず女性たちに価値を見出していきます。

 

 

”本物であろうとそうでなかろうと、商品に総合的に客が満足できれば、価値はあるのだ。”(ココ・シャネル)

 

1920年以降洋服を引き立てるコスチュームジュエリーは、本物ではなくてもいい、デザインを価値として考える、女性の魅力を引き出すアイテムとなっていきました。

 

 

 

そんなコスチュームジュエリーを冬ファッションに合わせてご紹介していきます。

続きは後編で。

 

 

staff nori( ´ ▽ ` )💗

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。










ページのトップへ