マグネットイヤリング・エアイヤリングなどオリジナルアクセサリー通販セレクトショップ | Raffia kobe



お祝い事はマナーも大切♡結婚式のアクセサリーマナー

CATEGORY :  BLOG
STAFF :  mari_ueda

お祝い事はマナーも大切♡結婚式のアクセサリーマナー



結婚式に参列する際に「白のドレスを着ない」や「肩を出さない」など、洋服についてのマナーは気をつけている方も多いはず。しかし、アクセサリーのマナーにまでは気を配っていない!という方も多いのではないでしょうか?間違ったアクセサリーの選び方をしてしまうと、恥をかいてしまうことも。ここでは、結婚式参列時のアクセサリーマナーについて詳しくご紹介します。

 

派手なデザインや花嫁がつけそうなものは避ける

 

結婚式の主役は花嫁です。花嫁よりも目立つような派手なデザインのアクセサリーや、花嫁がつけそうなデザインのアクセサリーは避けるようにしましょう。特に気をつけてほしいのが、ヘアアクセサリー。キラキラしていてティアラを連想させるものや、生花を使ったヘアアクセサリーは花嫁を連想させるアイテムなので、避けるようにしてください。

 

季節感がずれているものはNG

 

結婚式のアクセサリーには、季節感も重要。華やかな印象にしたいからと、1年中ベロアやファーを使ったアクセサリーをつけていませんか?ベロアやファーはエレガントな印象を演出しますが、秋冬の素材です。夏や春につけていると、季節感がずれてしまいます。夏には透け感の涼しげな素材、春には爽やかな色味のアクセサリーを選び季節感を演出するようにしましょう。

 

時計ははずす

 

普段時計をアクセサリー感覚でつけている方も多いのではないでしょうか?結婚式も時計をアクセサリー感覚でつけたくなってしまうところ。しかし、結婚式は「時間を忘れて新郎新婦の門出をお祝いする」というのが一般的なマナーとされています。時計をつけていると、つい時間を確認してしまいマナー違反となってしまうことも。そのため、結婚式では時計をはずすことがマナーとされています。結婚式中に時間を確認したければ、バッグに時計を入れておき、トイレで確認するようにしましょう。どうしても時計をつけたい場合には、ジュエリーウォッチなどブレスレット感覚でつけられるデザインのものを選び、文字盤が人目につきにくいよう手首の内側へ向けてつけるようにしましょう。

 

カジュアルなアクセサリーは避ける

 

髪をまとめるのに便利で、様々な素材やデザインのものが販売されているシュシュ。サテン素材のものやリボン型のものなどは、髪の毛を自分でも結婚式らしくエレガントにまとめることができるので、ピッタリと思われがちですが、マナー違反となってしまうので注意。シュシュはカジュアルなアクセサリーという印象が強く、結婚式のようなフォーマルな場には不相応だとされています。クリップも同じ理由でマナー違反とされているので、注意しましょう。結婚式参列時のヘアアレンジには、パールやラメを使った華やかなアイテムで、ドレススタイルにメリハリをつけるのがおすすめです。

 

結婚式参列時には、自分の立場を理解しその立場にふさわしいファッションを心がけることが重要。自分が目立つためではなく、新郎新婦の新たな門出をお祝いするためにふさわしいアクセサリー選びをするようにしましょう。

 

Raffia onlineshopでは、シーズンを問わず結婚式のドレスアップに合わせやすいガラスパールを贅沢に使用した””Mussee(ミュゼ)”ミュゼシリーズのアクセサリーをご用意しております。こちらも合わせてご覧ください。

 

JewCas ミュゼメッシュリボンピアス

¥4,200 + tax

 

JewCas ミュゼメッシュリボンネックレス

¥6,500 + tax

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。










ページのトップへ